文字サイズの変更
  • 標準
  • 大

学会からのお知らせ

メトホルミン塩酸塩における発がん物質の検出に対する対応について

2019年12月9日付で標記に関する事務連絡が、厚生労働省医薬・生活衛生局医薬安全対策課および厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課より発出されました。

本事務連絡にもありますように、現時点では我が国のメトホルミン製剤からは当該物質(NDMA)は検出されておらず、現在国内各社において調査中の段階です。メトホルミンは血糖コントロールに有効な薬剤であり、本事務連絡でも今のところ従前通りにメトホルミンを服用しても問題なく、患者さんから相談を受けた場合には糖尿病に対する治療の必要性を説明するとともに、同剤の服用を中止しないように回答するよう医療機関等に周知する旨要請しています。

また、欧州医薬品庁(EMA)・アメリカ食品医薬品局(FDA)も同様に医療従事者に相談なくメトホルミン製剤の服用を中止しないよう注意喚起を行っております。

医療従事者の皆様におかれましては、患者さんに対して本事務連絡に沿った対応をお願いいたします。


Back to Top

ノボノルディスクファーマ株式会社
小野薬品工業株式会社
武田薬品工業株式会社