文字サイズの変更
  • 標準
  • 大

学術調査・研究

1型糖尿病の成因、病態に関する調査研究委員会

last update 2019.7

日本糖尿病学会 1型糖尿病の成因、病態に関する調査研究委員会

「抗ヒトPD-1/ PD-L1抗体投与後に発症する1型糖尿病に関する疫学調査」の症例を募集しています(詳しくはこちら)。

活動内容

1.抗ヒトPD-1/PD-L1抗体投与後に発症する1型糖尿病に関する疫学調査

免疫チェックポイント阻害薬である抗ヒトPD-1/PD-L1抗体の投与に関連した1型糖尿病の発症が本邦でも報告されています。

これを受けまして、当委員会では抗ヒトPD-1/PD-L1抗体投与後に発症する1型糖尿病の臨床像や発症リスク、病態、発症時の対応等を明らかにすることを目的とした疫学調査を行っております1) 。これまでに症例登録いただきました先生方2) のご協力のもと、2018年7月に第一報を報告いたしましたのでご参照ください3) 。調査にご協力いただきました先生方に感謝申し上げます。

当委員会では引き続き症例を募集しております。候補となる症例がございましたらご紹介をお待ちしておりますので、下記「 問合せ先 」までご連絡をお願いいたします。

2.劇症1型糖尿病の症例登録 (新規登録は中断しています

問合せ先

大阪医科大学内科学( I ) 今川 彰久
E-mail:
mailadd

送付先 (症例登録票)

〒569-8686 高槻市大学町2-7
 大阪医科大学内科学( I ) 今川 彰久

劇症1型糖尿病 症例調査票 ver3.2

症例調査票は下記のリンクからダウンロードすることができます。
症例調査票(別紙1)をダウンロードする (Excel形式)

急性発症1型糖尿病診断基準(2012)

  1. 口渇、多飲、多尿、体重減少などの糖尿病(高血糖)症状の出現後、おおむね3か月以内にケトーシスあるいはケトアシドーシスに陥る1)
  2. 糖尿病の診断早期より継続してインスリン治療を必要とする2)
  3. 膵島関連自己抗体が陽性である3)
  4. 膵島関連自己抗体が証明できないが、内因性インスリン分泌が欠乏している4)
判定:
上記1~3を満たす場合、「急性発症1型糖尿病(自己免疫性)」と診断する。1、2、4を満たす場合、「急性発症1型糖尿病」と診断してよい。
内因性インスリン分泌の欠乏が証明されない場合、あるいは膵島関連自己抗体が不明の場合には、診断保留とし、期間をおいて再評価する。
【参考事項】
  1.  尿ケトン体陽性、血中ケトン体上昇のいずれかを認める場合、ケトーシスと診断する。また、臨床的判断により直ちにインスリン治療を開始した結果、ケトーシスやケトアシドーシスに陥らない例がある。
  2.  1型糖尿病の診断当初にインスリン治療を必要とした後、数ヶ月間インスリン治療なしで血糖コントロールが可能な時期(honeymoon period)が一過性に存在しても、再度インスリン治療が必要な状態となりそれが持続する場合も含める。
  3.  グルタミン酸脱炭酸酵素(GAD)抗体、IA-2抗体、インスリン自己抗体(IAA)、亜鉛輸送担体8(ZnT8)抗体、膵島細胞抗体(ICA)のうちいずれかの自己抗体の陽性が経過中に確認された場合、膵島関連自己抗体陽性と判定する。ただし、IAAはインスリン治療開始前に測定した場合に限る。
  4.  空腹時血清Cペプチド<0.6 ng/mlを、内因性インスリン分泌欠乏の基準とする。ただし、劇症1型糖尿病の診断基準を満たす場合は、それに従う。また、HNF-1α遺伝子異常、ミトコンドリア遺伝子異常、KCNJ11遺伝子異常などの単一遺伝子異常を鑑別する。

詳細は、糖尿病 2013;56(8):584-589 を参照してください。

劇症1型糖尿病診断基準(2012)

下記1~3のすべての項目を満たすものを劇症1型糖尿病と診断する。

  1. 糖尿病症状発現後1週間前後以内でケトーシスあるいはケトアシドーシスに陥る(初診時尿ケトン体陽性、血中ケトン体上昇のいずれかを認める。)
  2. 初診時の(随時)血糖値が288 mg/dl (16.0 mmol/l) 以上であり、かつHbA1c値 (NGSP)<8.7 %*である。
  3. 発症時の尿中Cペプチド<10 µg/day、または、空腹時血清Cペプチド<0.3 ng/ml かつ グルカゴン負荷後(または食後2時間)血清Cペプチド<0.5 ng/ml である。

*:劇症1型糖尿病発症前に耐糖能異常が存在した場合は、必ずしもこの数字は該当しない。

<参考所見>

A) 原則としてGAD抗体などの膵島関連自己抗体は陰性である。

B) ケトーシスと診断されるまで原則として1週間以内であるが、1~2週間 の症例も存在する。

C) 約98%の症例で発症時に何らかの血中膵外分泌酵素(アミラーゼ、リパー ゼ、エラスターゼ1など)が上昇している。

D) 約70%の症例で前駆症状として上気道炎症状(発熱、咽頭痛など)、消化器症状(上腹部痛、悪心・嘔吐など)を認める。

E) 妊娠に関連して発症することがある。

F) HLA DRB1*04:05-DQB1*04:01との関連が明らかにされている。

注)診断基準の第2項目と参考所見Fが変更(追加)になっています。詳しくは、糖尿病55:815-820, 2012をご参照下さい。

劇症1型糖尿病かなと思ったら

委員会では劇症1型糖尿病の診断、治療に対する御相談を常時承っております。
問合せ先 」までご連絡ください。

委員会報告

(和文)
(英文)
  • Genome-Wide Association Study Confirming a Strong Effect of HLA and Identifying Variants in CSAD/lnc-ITGB7-1 on Chromosome 12q13.13 Associated With Susceptibility to Fulminant Type 1 Diabetes. Kawabata Y, Nishida N, Awata T, Kawasaki E, Imagawa A, Shimada A, Osawa H, Tanaka S, Takahashi K, Nagata M, Yasuda H, Uchigata Y, Kajio H, Makino H, Yasuda K, Kobayashi T, Hanafusa T, Tokunaga K, Ikegami H. Diabetes. 2019 Mar; 68(3):665-675
  • Characteristics and clinical course of type 1 diabetes mellitus related to anti-programmed cell death-1 therapy. Baden MY, Imagawa A, Abiru N, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Oikawa Y, Osawa H, Kajio H, Kawasaki E, Kawabata Y, Kozawa J, Shimada A, Takahashi K, Tanaka S, Chujo D, Fukui T, Miura J, Yasuda K, Yasuda H, Kobayashi T, Hanafusa T ; consultation of the Japan Diabetes Society Committee on Type 1 Diabetes Mellitus Research. Diabetol Int. 2018 Jul 3; 10(1):58-66
  • Diffusion-weighted magnetic resonance imaging in the pancreas of fulminant type 1 diabetes. Tokunaga A, Imagawa A, Nishio H, Hayata S, Shimomura I, Abiru N, Awata T, IkegamiH, Uchigata Y, Oikawa Y, Osawa H, Kajio H, Kawasaki E, Kawabata Y, Kozawa J, Shimada A, Takahashi K, Tanaka S, Chujo D, Fukui T, Miura J, Yasuda K, Yasuda H,Kobayashi T, Hanafusa T; consultation of Japan Diabetes Society Committee on Fulminant Type 1 Diabetes Mellitus Research. Diabetol Int. 2018 Apr 12; 9(4):257-265
  • Clinical features of cases of seroconversion of anti-glutamic acid decarboxylase antibody during the clinical course of type 2 diabetes: a nationwide survey in Japan. Oikawa Y, Shimada A, Awata T, Fukui T, Ikegami H, Imagawa A, Kajio H, Kawabata Y, Kawasaki E, Miura J, Osawa H, Takahashi K, Tanaka S, Uchigata Y, Yasuda H, Yasuda K, Hanafusa T, Kobayashi T; Research Committee on Type 1 Diabetes of the Japan Diabetes Society. Diabetol Int. 2017 Feb 21; 8(3):306-315
  • Japan Diabetes Society Committee on Type 1 Diabetes Mellitus Research. Clinical and Genetic Characteristics of Non-Insulin-Requiring Glutamic Acid Decarboxylase (GAD) Autoantibody-Positive Diabetes: A Nationwide Survey in Japan. Yasui J, Kawasaki E, Tanaka S, Awata T, Ikegami H, Imagawa A, Uchigata Y, Osawa H, Kajio H, Kawabata Y, Shimada A, Takahashi K, Yasuda K, Yasuda H, Hanafusa T, Kobayashi T; PLoS One. 2016 May 13; 11(5):e0155643
  • Diagnostic criteria for acute-onset type 1 diabetes mellitus (2012): Report of the Committee of Japan Diabetes Society on the Research of Fulminant and Acute-onset Type 1 Diabetes Mellitus. Kawasaki E, Maruyama T, Imagawa A, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Osawa H, Kawabata Y, Kobayashi T, Shimada A, Shimizu I, Takahashi K, Nagata M, Makino H, Hanafusa T. J Diabetes Investig. 2014 Feb 12; 5(1):115-8
  • The glycated albumin to HbA1c ratio is elevated in patients with fulminant type 1 diabetes mellitus with onset during pregnancy. Koga M, Shimizu I, Murai J, Saito H, Kasayama S, Kobayashi T, Imagawa A, HanafusaT; Japan Diabetes Society's Committee Of Research On Type 1 Diabetes Mellitus. J Med Invest. 2013; 60(1-2):41-5
  • High frequency of HLA B62 in fulminant type 1 diabetes with the drug-induced hypersensitivity syndrome. Onuma H, Tohyama M, Imagawa A, Hanafusa T, Kobayashi T, Kano Y, Ohashi J, Hashimoto K, Osawa H, Makino H; Japan Diabetes Society Committee on Type 1 Diabetes Mellitus Research; Japanese Dermatological Association. J Clin Endocrinol Metab. 2012 Dec; 97(12):E2277-81
  • Class II HLA genotype in fulminant type 1 diabetes: A nationwide survey with reference to glutamic acid decarboxylase antibodies. Tsutsumi C, Imagawa A, Ikegami H, Makino H, Kobayashi T, Hanafusa T; on behalf of the Japan Diabetes Society Committee on Type 1 Diabetes Mellitus Research. J Diabetes Invest. 3:62-69, 2012
  • Type 1 Diabetes and Interferon Therapy: A nationwide survey in Japan. Nakamura K, Kawasaki E, Imagawa A, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Kobayashi T, Shimada A, Nakanishi K, Makino H, Maruyama T, Hanafusa T; the Research Committee on Type 1 Diabetes of the Japan Diabetes Society. Diabetes Care. 2011 Sep; 34(9):2084-2089
  • Serum glycated albumin to haemoglobin A(1C) ratio can distinguish fulminant type 1 diabetes mellitus from type 2 diabetes mellitus. Koga M, Murai J, Saito H, Kasayama S, Imagawa A, Hanafusa T, Kobayashi T; Japan Diabetes Society's Committee on Research on Type 1 Diabetes. Ann Clin Biochem. 2010 Jul; 47(Pt 4):313-7
  • Differential association of HLA with three subtypes of type 1 diabetes: fulminant, slowly progressive and acute-onset. Kawabata Y, Ikegami H, Awata T, Imagawa A, Maruyama T, Kawasaki E, Tanaka S, Shimada A, Osawa H, Kobayashi T, Hanafusa T, Tokunaga K, Makino H; on behalf of the Committee on Type 1 Diabetes, Japan Diabetes Society. Diabetologia. 2009 Dec; 52(12):2513-21
  • Nationwide survey to compare the prevalence of transient elevation of liver transaminase during treatment of diabetic ketosis or ketoacidosis in new-onset acute and fulminant type 1 diabetes mellitus. Takaike H, Uchigata Y, Iwamoto Y, Imagawa A, Iwahashi H, Kanatsuka A, Kawasaki E, Kobayashi T, Shimada A, Shimizu I, Hanafusa T, Maruyama T, Makino H. Ann Med. 2008; 40(5):395-400
  • Uniformity in clinical and HLA-DR status regardless of age and gender within fulminant type 1 diabetes. Imagawa A, Hanafusa T, Iwahashi H, Uchigata Y, Kanatsuka A, Kawasaki E, Kobayashi T, Shimada A, Shimizu I, Maruyama T, Makino H. Diabetes Res Clin Pract. 2008 Nov; 82(2):233-7
  • Fulminant type 1 diabetes as a high risk group for diabetic microangiopathy-a nationwide 5-year-study in Japan. Murase Y, Imagawa A, Hanafusa T, Iwahashi H, Uchigata Y, Kanatsuka A, Kawasaki E, Kobayashi T, Shimada A, Shimizu I, Maruyama T, Makino H. Diabetologia. 50:531-7, 2007
  • Clinical and immunogenetic characteristics of fulminant type 1 diabetes associated with pregnancy. Shimizu I, Makino H, Imagawa A, Iwahashi H, Uchigata Y, Kanatsuka A, Kawasaki E, Kobayashi T, Shimada A, Maruyama T, Hanafusa T. J Clin Endocrinol Metab. 2006 Feb; 91(2):471-6
  • Different contribution of class II HLA in fulminant and typical autoimmune type 1 diabetes mellitus. Imagawa A, Hanafusa T, Uchigata Y, Kanatsuka A, Kawasaki E, Kobayashi T, Shimada A, Shimizu I, Maruyama T, Makino H. Diabetologia. 2005 Feb; 48(2):294-300
  • Fulminant type 1 diabetes: a nationwide survey in Japan. Imagawa A, Hanafusa T, Uchigata Y, Kanatsuka A, Kawasaki E, Kobayashi T, Shimada A, Shimizu I, Toyoda T, Maruyama T, Makino H. Diabetes Care. 2003 Aug; 26(8):2345-52

Back to Top

ノボノルディスクファーマ株式会社
小野薬品工業株式会社
武田薬品工業株式会社