The Japan Diabetes Society

JapaneseEnglish
一般の方へ

EFSD and JDS Reciprocal Travel Research Fellowship Programme

EFSD and JDS Reciprocal Travel Research Fellowship Programme

2021年 3月18日
交換留学助成プログラムは、新型コロナウイルス感染収束および海外渡航の正常化の見通しが立たないため、2021年度の募集も中止する事となりました
次回の募集は2022年度を予定しておりますが、決定次第ホームページで告知いたします。
交換留学助成プログラム 応募要項
◆ 概要:
当助成プログラムは糖尿病分野における共同研究の促進を目的とし、日本の研究者の欧州研究機関への派遣及び、欧州地域の研究者の日本研究機関への派遣に対し研究費等を助成いたします。
◆ 英語版募集要綱:
◆ 応募資格:
1. 糖尿病分野における研究能力および実績を有すること
2. 現在の所属機関および受入先研究機関、双方からの推薦状を提出できること
3. 受入先研究機関が欧州および 関連諸国 の研究機関であること
<施設紹介> :こちらの施設は交換留学生を積極的に受け入れています!
4. 博士号を有する研究者もしくは臨床医であること
5. 日本糖尿病学会の会員もしくは入会申請中であること
◆ 募集人数:
最大4名
◆ 助成額:
1人につき最大500万円
◆ 研究期間:
最短1ヵ月から最長12ヵ月
※ 助成決定通知が届いてから6ヶ月以内にプロジェクトを開始し受入先研究機関に赴くこと
※ 既に留学中の場合は採否の通知から帰国までに残りの研究期間が1ヵ月以上あること
※ 語学研修期間を別途設けることは可能
◆ 応募方法:
以下「応募書類」に必要事項を記入し、E-mailに添付の上、fellowships@to-nyo.org 宛に送付する
◆ 応募締切日:
次回募集が決定次第お知らせいたします
◆ 選考スケジュール:
次回募集が決定次第お知らせいたします
◆ 採否の通知:
次回募集が決定次第お知らせいたします
◆ 研究助成金の交付:
日本糖尿病学会より、受給者の母国の所属機関に対し交付がなされる
◆ 研究助成金の使途:
研究助成金の交付対象となる経費は、渡航旅費、留学中の給与、生活費、および派遣先での研究に要する物品の購入、その他研究推進に必要な費用とする
 
◆ 協賛:
サノフィ株式会社
武田薬品工業株式会社
日本イーライリリー株式会社
ノボ ノルディスク ファーマ株式会社
(50音順)
<応募書類送付先/お問い合わせ先>
一般社団法人 日本糖尿病学会 事務局
 日欧交換留学 担当宛て
〒112-0002 東京都文京区小石川2-22-2 和順ビル 2F
E-mail: fellowships@to-nyo.org

受賞者一覧

########### 2019 ###########
2019
Kentaro Suda (Division of Diabetes and Endocrinology, Kobe University Graduate School of Medicine)
Deciphering the contribution of mixed pathology to Alzheimer's dementia
Akiko Teshima (Tokyo Medical University Hospital)
Exosomes as Liquid Biopsies for Type 2 Diabetes
########### 2019 ###########
2018
########### 2018 ###########
Tomohide Yamada (Department of Diabetes and Metabolic Diseases, Graduate School of Medicine, the University of Tokyo)
Integration and systemization of clinical evidence of diabetes by utilizing artificial intelligence
Ayumi Kanno (Division of Diabetes and Endocrinology, Kobe University Graduate School of Medicine)
The mechanism of development of neurodegenerative diseases in type 2 diabetes mellitus
########### 2018 ###########
2017
########### 2017 ###########
Kazuhiro Nomura (Division of Diabetes and Endocrinology, Kobe University Graduate School of Medicine, Japan)
The mechanism of maintaining of skeletal muscle quantity and quality to prevent obesity and type 2 diabetes
Kohei Kido (Ritsumeikan University, Japan)
Effects of ischemic preconditioning per se or in combination with exercise on muscle glucose metabolism in man
Karim Bouzakri (University of Strasbourg, Centre Européen d’Etude du Diabète, France)
Role of MARCKS protein in beta cell function and survival in healthy and diabetic patients
########### 2017 ###########
※ 2016年は実施なし
2015
########### 2015 ###########
Michishige Terasaki (Showa University Hospital, Japan)
Screen for peptides and small molecules increasing β-cell regeneration and improving glucose homeostasis in zebrafish and mice
Mototsugu Nagao (Nippon Medical School, Japan)
Dissecting the role of microRNAs in pancreatic beta cell lipotoxicity
########### 2015 ###########
2014
########### 2014 ###########
Keizo Kaneko (Tohoku University, Japan)
The Research of Novel Mechanism by Which the Gut-Brain Axis Affects Adaptation to Calorie Restriction
########### 2014 ###########

更新:2021年3月18日